出会い系サイトを作ろうと思ったキッカケ


「出会い系サイトを作りたい」と考える方は、いろんな理由があると思います。

 

例えば、

  • 出会い系サイトでビジネスしたい
  • 友人・知人に頼まれた
  • サクラや業者のいない健全な出会い系サイトを作りたい
  • 難易度の高そうなサイトを構築・運用してスキルアップしたい

 

などなど、動機は人ぞれぞれかと思います。

 

この記事では、私が

 

なぜ出会い系サイトを作ろうと思ったか

 

について紹介したいと思います。

 

なぜ出会い系サイトを立ち上げようと思ったのか

私が出会い系サイトを構築しようと思った理由は、ズバリ

 

楽してセックスフレンドを見つけるため

 

です。

 

う〜ん、男なら誰しもが共感できるわかりやすい目的かと思います。

(共感できない人は、そもそもこの記事にたどり着くことが無いでしょう。笑)

 

でも、この目的を達成したいだけであれば「別の方法もあるではないか」という意見もあるかと思います。

 

続いてそんなツッコミに答える形で、なぜ出会い系サイトを作ってセックスフレンドを見つけたいと思ったのかについて言及していきます。

 

出会い系サイトでセックスフレンドを見つけようと思った理由

セックスフレンドを見つける方法はいくつもあります。

  • 職場・学校で探す
  • 友人・知人を攻める
  • バーなど飲み屋で出会う
  • デリヘルなど風俗嬢と仲良くする
  • 出会い系サイト・出会い系アプリを利用する
  • SNSで出会う

 

上の4つは対面でのコミュニケーション、つまり他人とリアルに会話する必要があります。

 

ところがこの対面でのコミュニケーションは、お金も労力もかなり負担がかかるのでインターネット、つまり出会い系サイトやSNSを利用する方法が多いのではないかと思います。

(経済的に余裕があれば、同じデリヘル嬢を指名しまくって仲良くするという方法もラクだと思いますが、私の給料ではちょっと厳しいです)

 

実際に、私はガラケーでインターネットができるようになった頃の時代には「スタービーチ」という有名な無料の出会い系サイトが存在し、そちらを利用していました。

 

当時はセフレではなく、彼女を探すのがメインでしたが、まぁいろいろありました。。。

ここでは紹介しませんが、今となってはいい思い出です(笑)

 

そんな楽しい思い出のある出会い系サイトですが、欠点として距離を縮めるまでに時間がかかってしまいます。

 

顔も見たことの無い男女なので当たり前なのですが、

 

1日にメールでの何通もやり取りし、お互いに納得してようやくリアルに出会う

 

というこの時間が、煩わしく飽きっぽい性格の自分には不向きでした。

 

そう、一言でいうと面倒くさいのです。

 

当時は、この面倒くさいコミュニケーションを緩和する方法がなかったので、とにかく頑張ってメールをしていました。(今思えば、若いときは金は無いけど時間はあるって言葉通りでした)

 

ただ、この煩わしさを解消する方法は常に考えいたのですが、そのヒントになる出来事がありました。

 

それは、出会い系全盛期の頃に、携帯のプライバシーが話題になることが多く、

 

彼氏・彼女の携帯を勝手に見るのはどうなのか?

 

なんて話題が多く、数多くの議論がかわされました。

まぁ、今でもたまに話題になりますよね。

 

こんなやり取りの中で、ふと、

 

もしやり取りの内容を見ることができたら、セフレを探すのも簡単ではないか

 

と考え、それを実現するサイトの構築を思いつきました。

 

今では、有料の出会い系サイトは、メールではなくサイト内に非公開の掲示板を作って誰にも見られないように連絡しあう方法もありますので、

 

サイト管理者はユーザのやり取りを見れるようにして構築しておき、簡単にヤレれそうな人がいたら、その人に直接コンタクトをとれれば簡単にセフレが見つかるな

 

と考えた次第です。

 

みごとに不純な動機ですが、男は野望のためなら馬鹿げたことでも本気で取り組みますよね???

 

なんて自分を正当化させようとしてみましたが、別にいいですね。

最低の理由です、ハイ(汗)

 

なぜこのタイミングで作ろうと思ったのか

昨今の出会い系サイトはレッドオーシャン(飽和状態)です。

また、最近の主流はスマホの「出会い系アプリ」となっているので、構築したところで今更感は否めません。

 

それでもこのタイミングで構築しようとおもったので、技術が身についたことと、自分の時間が作れるようになったためです。

(私はWeb業界では有名なブラック企業に5年以上勤務し、身につけたかったスキルを身につけて、業界は同じですが比較的ホワイトな企業に転職しました。このお陰で、ようやく自分の時間を確保できるようになりました)

 

また、サービスが軌道に乗ったら有料化して、アーリーリタイヤできたらいいな、くらいに思っていました。

 

不純な動機もここまでくれば立派でしょう(笑)

 

最後に

やりたいことやるのに、早いも遅いもありませんよね。

 

もし、出会い系サイトに興味がある方は、このブログをキッカケに、是非トライしてみてください。

 

出会い系サイトのビジネスに興味がある方

このような記事が提供できるのは、私が出会い系サイトを運営しているからに他ならないわけですが、訳あって出会い系サイトは現在閉鎖しています。

 

もし出会い系サイトの構築・運営に興味がある方は、以下の記事もご覧いただければ幸いです。

 

出会い系サイトのビジネス、サイト構築・運営に興味がある方へ

出会い系サイトを作ろうと思ったキッカケ

どんな出会い系サイトにすべきか 種類・特徴

実際に作った出会い系サイトの紹介 完全無料

利用者ゼロ。出会い系サイトで公開当初に人を集める方法

無料掲示板の出会い系サイトが100万PV達成!その収益は?

警察から電話!?情報開示依頼が来ても慌てるな!

出会い系業者のサイト誘導がすごすぎる! 業者との闘い

月間100万アクセスに耐えられるレンタルサーバ

初期構築後(運営中)に追加した機能 出会い系サイト

警察からの警告 出会い系サイト規制法に抵触している恐れ

出会い系サイト事業の届け出をするメリット・デメリット

海外のサーバに対する法律の適用範囲

終わりに 出会い系サイトの閉鎖

コメントする